2005年02月12日

不受胎

昨日配合し期待をしていた馬が不受胎、今日は何も出来ず。
そんなわけでJOBに専念。
doco0502111410120.jpg
2頭の親はこんな感じ。

ぐうたら夫婦。
神も先を見越して子供をさずけさせなかったのか・・・。

そんなわけで今日はやることないので、どうでもいい写真をいくつか。

doco0502120040360.jpg
呪怨風

doco0502120040360.jpg
あぶない(>_<)

doco0501302113480.jpg
熱いチュウ


以上なんもない日でしたすみません・・・






posted by おざしん♪ at 23:17| 東京 ☁| Comment(19) | TrackBack(10) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

パッチ後のレース感触。

どうやらこのパッチ後脚質による格差が少しなくなりましたね。
先行が強化されたのは色々なところで叫ばれていますが、
追い込みに関してもかなり変わっているようです。

自分は先行馬と追い込み馬にしかまだ乗ってないのですが、
追い込みについては、
中打ちがあま効かなくなった。
ムチの制限回数が増えた。
という感じがします。
中打ちが効かなくなった事によって道中の乗り方を変えないといけないようです。
強力な先行馬がいる場合前を捕らえるのがなかなか難しくなっているため、
仕掛けどころ、ムチの間隔をもう少し試してみる必要がありそうです。


posted by おざしん♪ at 22:03| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

バージョンアップ!

さてさてバージョンアップの内容が公開されました。
詳しくはこちら

まず目新しいのはメッセージを送りたいオーナーの家のメニューから「メール投函」を選択してメッセージを送れることでしょう。
これにて欲しい物、種付けなどの幅が広がりそう^^

後はなんと言っても、
レースプログラムを12日周期から6日周期に変更
セガカップ(一般G3)を新設
でしょう^^

これで多少重賞レースも勝ちやすくなりそうなので期待しております。

ありあえず明日が楽しみ^^
posted by おざしん♪ at 22:50| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

往く馬来る馬

この度我が牧場の主力種牡馬、ミッドサマーデイ号の生殖能力喪失が発覚、
種牡馬としての仕事を引退することとなりました。
当馬は現役時代GUCBC賞、GV中日新聞杯を勝利、平安S、根岸Sを2着と
芝、ダート問わず活躍しました。
なお、種牡馬を引退した当馬は、浦河町フレンドリーファームにて余生を過ごすことが
決まっています。

ミッドサマーデイ号
13戦9勝 総獲得賞金 2億5100万円
GUCBC賞
GV中日新聞杯


doco0501282103010.jpg




posted by おざしん♪ at 20:54| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

ぶらり途中下馬の旅A 釣神カルスノ氏〜灯台へ行く

前回ぶらり途中下馬の旅A ディエム港〜システィナ号に引き続き今回は
ディエム港から灯台に向かいます。

まず今回は港に下りる坂道のすぐそばにいる吉座衛門に話を聞いてみた。
doco0501301349550.jpg
この男ヤマブキ鮎から解熱剤を作ることを仕事としているようだ。
高熱の病人を治すという志高いこの男にぜひ皆さん協力してあげようじゃないか!
ヤマブキアユ×4を持ってこの男の所に持っていこう100万HGで買い取ってくれるそうだ。
ん、安い?解毒剤で何人の人が助かると思ってるんだぁ〜
協力してやれ〜。

てなわけで、ヤマブキアユ含め様々な魚を釣るためには漁業組合に申請が必要となる。
この漁業組合に所属している中で最高の腕前を誇るといわれるカルスノ氏にインタビューを試みてみた。

doco0501301402410.jpg

私「あ・・・あの〜お話伺いたいんですが・・・」
カルスノ氏「むやみに話しかけるな、今いいところなんだ・・・」
私「・・・」


10分後・・・


私「あ・・・あの〜お話伺いたいんですが・・・」
カルスノ氏「むやみに話しかけるな、今いいところなんだ・・・」
モダニズム号(馬)「機嫌悪いし・・・全く釣れてないじゃんね・・・ボソ」
私「・・・次いこっか」


そんなわけで漁業組合を後にし防波堤に向かってみた。
この港の沖合いではるか昔財宝をつんだ船が沈没をしたこと話してくれた重太郎に出会う。
doco0501301403250.jpg

この港の海底には財宝を積んだ船が未だに眠っているのかもしれない。

minato.jpg
まあそんなディエム港を後にした一人と一頭は
灯台を目指すことになるのだが、
長くなってきたので又今度〜〜。

続く









posted by おざしん♪ at 22:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

脚の白さ。

本日新しく生まれてきた馬、適正がダート長距離・・・
使いづれ〜〜〜〜。

ということはおいといて。

皆さんの馬の脚どの脚に白入ってます?
うちの厩舎の馬は圧倒的に右後ろ脚(前から見ると左側後ろ)
に白が入っております。

ashi01.jpg ashi02.jpg

今うちの厩舎にいる馬のなかでHRAからもらった無料馬以外すべての馬は
この脚に白い色が入っているのです。
これには何か意味があるのか?
と今日思ってみたわけで。
某掲示板でこの脚にたくさん白が入ってる馬が走るといっていたことを
見かけたのだが、うちの厩舎的にはそれはそんなに当てはまってはいない。

なんとなく白が長い馬は適正距離が長い気がするですけどね^^;
あくまでなんとなくですが。

まあ、多分なんも関係ないんだろうな^^;




みなさんちの馬はどこに白入ってます?
posted by おざしん♪ at 23:20| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

ぶらり途中下馬の旅@ ディエム港〜システィナ号

どうも旅人の加藤愛・・・いや亜藤怪です。うそです。

そんなわけで本日はオーナーズアイランド西側
ディエム港〜ネヴィ灯台あたりを旅していきます。
今日のお供は牝モダニズム号(牝・OV)でございます。

map01.jpg
ここら辺。

そんなわけでマップ(B-4・B-5)ディエム港に行ってみることにしました。
まずはB-5に崖の上にいるブリエという人に話を聞きました。
doco0501301408590.jpg
どうやらブリエ氏曰くこのディエム港には正式名称があるらしくこの正式名称を
縮めてしまったことにオカンムリらしく、われわれに正式名称とその名前がついた由来を
教えてくれました。

正式名称は「ディト・モイハモイ・トレズソ・カプタ・ラカター・カプタ・フハンブレ
・カプタ・メジルナド・カプタ・カマバソフヨエム・ヘホ」
意味は我らが祖先は母なるディトを出発して、ラカターに寄ってフハンブレを経由した後
ここにたどり着いた。
なおカマバには天候不順によって寄港できなかったという意味らしい。

つ〜かなげーよ。やっぱ短いほうがいいって^^;

そんなわけでブリオ氏の話を途中を聞き流しつつ
とりあえず客船システィナが泊まっている港の船着場に行って見ることにした。

その途中オーナーズアイランド産ワラビの瓶詰めを作ってるというガトラという
人物に出会った。
どうやらこのガトラという人物ワラビを他人から買い付け適当に6本位瓶詰めにして
観光客に売りつけるというアコギな商売をしている者と判明。
観光客にはこの者にくれぐれも気をつけてほしい。 doco0501301406320.jpg
この者にはご用心。




まずはシスティナ号を崖から眺めて見ることにした。
doco0501301338200.jpg
客船システィナ号を崖から望む。ん〜豪華。
doco0501301352370.jpg
船長エリック氏・副長スヴェン氏に話を聞く

システィナ号は充実した設備が整っている超豪華客船なのであるが、
今回はなんとその内部を世界初公開><

doco0501301353170.jpg doco0501301353360.jpg doco0501301354170.jpg
なんとも豪華プールが4つほどあることがわかる。

shisu.jpg
今回はさらになんとシスティナ号の見取り図も大公開♪


システィナ号はこのほか外国産馬の輸送、物資の運搬も行っているそうだ。


ということで時間が来ましたので続きは又今度。
次回釣神カルスノ氏インタヴュー〜灯台へ行く編につつく








posted by おざしん♪ at 23:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ぶらり途中下馬の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

本日もまた・・・

今日もまた生活保護を受けてきました。
本日の所持金・・・0HG
(・∀・)エヘ


doco0501301220250.jpg


そんでもって今日はノースで受給してきました〜〜。

doco0501301220440.jpg


ありがとうHRAm(_ _)m感謝
posted by おざしん♪ at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サムライバード 厩舎名馬列伝(1)

はっきり言って自己満足^^;
うちの厩舎の思い入れのある馬を紹介します。

厩舎名馬列伝 第一馬

サムライバード

父 サムライ
母 モンドール
養育費1000万 牡   (4-4-2-1)

馬名サムライバードは父サムライからとPOGで指名したサムライハートからもじったもの。(父はフレから借用)
馬主は当初サムライハートにしようと思ったものの調整不足でレースに出走、骨折になんてことになると困るので、濁音をつけたそうw
まだ当時1000万HG馬はまだ走らせていなかった厩舎サイドからは入厩当初からかなりの期待されていた。
ハードな調教をに耐え新馬戦に出走した当馬は1番人気にならなかったものの新馬戦を快勝するのである。

doco0412240217170.jpg
新馬勝ち

迎えた2戦目はR2ダートレース。
厩舎サイドとしては馬場変わりと昇級戦ということで過度の期待はしていなかったのだが、最後の1ハロンで大外を強襲、見事厩舎初2連勝をあげたのである。

doco0412240247270.jpg
連勝!

その後オープンに昇格好走はするものの勝ち味に遅く2着、3着が続く。
EXになり1000万に降格するも、1000万1600万を連勝、このクラスでは力が違うことを見せ付けた。
仕切りなおしで再びオープンに挑戦するもまたも2着、3着が続く。
9戦消化したところで (4-3-2-0) 確実に3着以内に入るもののOPでは勝てなかった。
最後と思い出走した10戦目も2着。厩舎とオーナーサイドの話し合いによりもう一度出走させることになる。しかし最後のレースは馬のピークは過ぎていた。9着惨敗。
種牡馬になった当馬は後に厩舎の核となる牝馬グリフィンドールを残す。
このグリフィンドールはユグドラシルという牡馬を残しこの馬からGT2勝をあげたインリン(伊右衛門厩舎)を輩出することになる。
他の牧場の繁殖牝馬にも広く血を残し、前出のインリンは当馬の3×3のクロスを持つこととなった。
オープンクラスで勝利は出来なかったものの後世に名を残す名馬となったのである。

なお種牡馬を引退した当馬は北海道の牧場で余生を過ごしている。









という妄想の中のお話w

posted by おざしん♪ at 04:19| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 厩舎名馬列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

重圧に負けるの巻き

午前1時発走のセントウルSに母父ともに自家生産馬の
5代目牝モダニズムを駆って出走。

プレイヤーは17人。
人気薄だろうと思って気楽に乗ろうと思っていたら
予想外の1番人気。

さていざ出走。

ゲートの出があまりよくない。
中団に追いつくためにムチを入れ追走、
700で仕掛けて上がっていく。
少しムチを使いすぎたかなと思いつつ4コーナーを回り、
直線を向いて加速、先頭集団をかわせるなと思ったときに
ムチが残りわずかに。

そのとき大外から2番人気の馬が強襲。
何とか追いすがるものの頭差競り負けての2着入線。

く〜。
追走でムチを使いすぎた。
鞍上のミスです。

ごめんなさい俺の馬。
posted by おざしん♪ at 03:30| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | オーナー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。